<   2006年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

水分補給 豆知識
乾いた夏の体を潤すには?
「冷えたビールあります!」あたりまえの言葉にこれほど足を止める秀逸のキャッチは稀ではないでしょうか。暑くてのどが渇いているのにビールを美味しく飲みたいがためガマンしている人は意外に多いものです。ビールは利尿作用が強く摂取した水分以上(1.5倍以上)に排泄してしまうので乾いた体にはガマンしないで水分を補給してあげてください。

特にウォーキング(運動など)して水分が不足しているにもかかわらずビールのために我慢するのは大変危険なことです。夏場に大量の発汗をすると血液中の水分も使ってしまいます。炎天下やお風呂で頭がクラクラするのは血液中の水分が減り血圧が下がるからです。イコール血液もドロドロになり血管を詰まらせる原因にもなり脳梗塞など起因することにもなります。
f0102245_16555897.jpg

人間の体の60%は水分

太っている人(脂肪が多いので)50%の水分
痩せている人 約65%の水分
発汗して失った水分は飲んで補い一定量を保つ必要があります。

水分は自然に補給している
日中は食事や飲み物などで失った水分を自然と補給しています、しかし寝ている間は補給できないので血液がドロドロになってしまいます、就寝前に一杯の水はこの渇きを補うものです、ウォーキングなどでしっかり水分補給せずビールを楽しみそのまま就寝するようなことは危険ですので注意することが必要です。脳梗塞の40%はなんと就寝中におきていますのでくれぐれもお気をつけください


温度で差がでる水分補給

冷たい水のほうが熱い飲み物より早く乾きを癒せる。冷たい水は胃を通過しすぐに腸へ到達するが熱いものは胃にとどまってしまうから、水分は腸で吸収されます。

甘い缶コーヒーやジュースのとりすぎは夏バテのもと

糖分の多い飲料はこれを分解するのに多くのビタミンB1を使用してしまいます。B1は食事から摂取しますが甘いものをとり過ぎると食欲が減退するのでB1の補給ができすに不足する一方になります。B1は不足すると体がだるくなり集中力も低下します、いわゆる夏バテの状態になるわけです。どーしても甘いものが好きなかたはビタミンB1の多い食品を食べることが必要になります。

※ビタミンB1の多い食品

鰻(ウナギ) ナッツ類 ごま のり 豚肉 えのきだけ など




NHK出版・ためしてガッテン(参考)

[PR]
by 2006plusalpha | 2006-04-03 11:40 | 歩き方

ストレッチが長続きするコツ
疲れをとり安全なウォーキングを・・

ウォーキングを長続きさせるには痛みを出さない、疲れを残さないことが大切です。ストレッチはあまり形にこだわらず自分の体に気持ちいいつもりで行いましょう。ストレッチは筋肉や腱を伸ばして柔軟性を高め怪我や体の故障を防ぐことを目的にしています。まじめにやれば、それなりのカロリー消費もしてくれますので頑張りましょう。

●ウォームアップストレッチング
歩く前に柔軟性を高め体の可動範囲を広げるものです。
●シグナルストレッチング
信号待ちなどのほんの短い時間を使ってリフレッシュ。
●5分間ストレッチング
休憩やトイレ時間などの時に・・腰をおろすと疲れが足に残ってしまいます、立ったままでおしゃべりでもしながら行います。
●クーリングダウン
歩き終わったら、すぐ行うストレッチングです。足の裏からカカト、ふくらはぎ、膝、太ももを両手でもみほぐしてください。疲れを残さないよう頑張りましょう。

f0102245_11202113.gif

[PR]
by 2006plusalpha | 2006-04-02 15:59 | 歩き方

生活習慣病の方のウォーキング
病気だからといって運動しないと体力は衰えるばかりです、予防と治療にはウォーキングが最適ですが運動量や時間は医師と相談してきめることが肝心です。そして焦らずゆっくりと体力を回復させることを目標にしてください。できれば自然が多い公園や川辺などがオススメです。また高温(28度以上)多湿(70%以上)寒冷(5度以下)での運動は避けましょう。環境がない場合は室内プールでのウォーキングが適切になります。


高血圧症 心臓病
運動の強度は 比較的らく~ややきつい くらいとし週に3~5日、1回に20~60分程度を目安に。心臓疾患の場合は少なめな時間を選択し医師と十分相談し取り組んでみてください。
糖尿病
ストレッチや水分補給が肝心です、空腹時の運動は避け下肢の障害防止のために良い靴を選択し菓子や砂糖の携帯で運動中の補給を行います。
骨祖しょう症
年齢とともに骨はもろくなり折れやすくなります、これが老人病といわれる理由ですが女性に多い病気として知られています。閉経後のカルシウム吸収力の悪化が原因とされていますが運動不足も原因の1つになります。
肥満
原因はエネルギー代謝のアンバランスですが食べ過ぎ、動かないなどは別の問題でストレスに起因することも多くあります。ウォーキングは2つの問題を同時に解決します。
f0102245_8483926.gif

[PR]
by 2006plusalpha | 2006-04-01 16:18 | 歩き方


ウォーキングで楽しくダイエット、ウォーキングの効果や覚えておくとたいへん役に立つ、便利な情報を掲載しています。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30