カテゴリ:ダイエット( 9 )

ウォーキングのススメ
f0102245_11355678.jpg

楽しいウォーキングで心身ともに爽やかに


ウォーキング人口も年々増加し今では4000万人とも言われています、年齢層も幅広く小学生からご年配の方まで、スポーツとしてウォーキングを考えた場合は日本で一番のスポーツ人口になります。ジョギングからウォーキングに転向している方も多いようです、普段運動不足と感じられているようでしたら是非1度トライしてみてください、ウォーキングは手軽に生活習慣病を予防・改善できる魅力のあるスポーツです。
中高年の方、ダイエットをしたい方、是非ご参考ください!。。。

ご案内
右のカテゴリーから選択してください、ブログの表示日付は読みやすいように無視して並べ替えています。
ウォーキングを始められる方、始めたばかりの方には多少でも参考になると思います。


[PR]
by 2006plusalpha | 2017-04-26 23:38 | ダイエット

ウォーキングでダイエット
◇ 太りやすい生活習慣とは?
一日三食、バランスよく食べるのが一番の理想。でも、忙しかったり時間がないと、食事の時間も、回数も、食べる量も不規則になりがちですね。

太りやすい生活習慣 
1 不規則な生活
2 ほとんど運動しない
3 間食が多い
4 早食い&ながら食いが多い
5 脂っこいものが好き
6 寝る前にお腹いっぱい食べる
7 ストレスが多い
8 お酒が大好き などなど
f0102245_23542196.gif

◇ 体重が落ちた!の落とし穴
ダイエットというのは、余分な脂肪や老廃物をなくすこと。
よく食事の量を減らしてダイエットしている人がいますね。一時的に体重が減って喜ぶこともありますが、その大半は筋肉量や水分量が減っただけのこと。つまり、肝心なダイエットの敵、余分な脂肪がなくなったわけではないことが多いので注意が必要です。

f0102245_1924957.jpg

◇ 無駄なカロリーをとらない
一日に必要なカロリーは、女性で1600kcal、男性で2000kcalといわれます。
カロリーとはエネルギー熱量の単位のこと。食物はすべてカロリーを持っていて、体内で消化されるときにエネルギーとなって吸収される仕組みです。カロリーや糖質は、カラダをつくるのに大事な役割をもちますが、その摂り方が重要です。
脂肪の大敵は、ズバリ過剰なカロリー。余分なエネルギーは、そのまま脂肪へと蓄積されます。余分な脂肪とは、一日に消費するカロリーよりも、多く摂取してしまった場合にできるもの。例えば、一日約200kcalずつ余分に摂っていくと、およそ200gほどの脂肪となるといわれます。しかし逆に、カロリーが不足すると、基礎代謝が低下して、次のような悪循環を引き起こします、また基礎代謝量は加齢とともに減少しますので中高年では若いころのように食べていると必ずといっていいほど太ります。

・ エネルギーを吸収しにくいカラダになる
・ 筋肉量が減る
・ 消費カロリーが少なくなる
・ 脂肪が溜まりやすいカラダになる

◇ ウォーキングで適度な筋肉を身につける

筋肉のあるカラダは、脂肪分を燃焼しやすくし、脂肪がたまりにくい体質をつくります。また、プルプルの二の腕やお尻、下っ腹の原因は、なんといっても筋肉のたるみ。ただ痩せるだけでなく、ボディラインを保つための筋肉が必要なわけです。そのために、毎日の適度な運動は、食べることのパートナーとして大切なことなのです

◇ 有酸素運動・ウォーキング
 脂肪というのは皮下脂肪や内臓脂肪のほか、血液の中にもあります。この血液内の脂肪が体内を回り、カラダのあちこちに脂肪をつけていきます。
 そこで、体内脂肪となる前に、血管内で酸素と結びついて脂肪を燃焼させるのが「有酸素運動」。運動開始後20分ほど経ってはじめて脂肪が燃焼され始めるので、ゆっくりとバテないような運動を、無理なく続けましょう。酸素を体に送ることが脂肪の燃焼につながります、適度な運動をすることにより体全体の血流を良くすることが必要です。

[PR]
by 2006plusalpha | 2006-10-01 12:23 | ダイエット

ウォーキング ダイエット
f0102245_17211540.jpg
ウォーキングでダイエット

歩くだけでダイエットできるの?・・殆どの方に効果があると思います、ウォーキングしてみようかな・・と思う人は普段デスクワークなどが中心で運動していない人ですから必然的にあるわけです。
消費カロリーのメニューをご覧いただくとウォーキングでも長時間歩くことによりかなりの消費がされます、歩くと普段運動していないので食事も美味しくいただけますが食べ過ぎては効果がありませんね。
私の兄は夕食後に時間をとってから歩いています、その方が結果的にダイエットにはいいようです。ただ本質的にウォーキングは健康が目的ですのでダイエットはおまけくらいに考えておいたほうがいいですね。
歩くとき歩幅を大きくするには腰を使ってねじります(常に体は正面を向く)ウェストをひねる動作が繰り返されます(骨盤を回す)。自然にシェイプされてくるわけです。
私はプールでもウォーキングをしますが水の中は見えずらいのでこの動作を大きくしてウェストのたるんだ肉を引き締めています。
春から花粉症の方など室内プールでのウォーキングがオススメです。

どうせ歩くならダイエットしたい、いやそれが目的なんだ!なんていう方にはウォーキングでダイエットに向いているシューズがありますので1度お試しください、普通の靴の3倍の消費カロリーが期待できますのでウォーキングでジョギング以上の消費効果になります


[PR]
by 2006plusalpha | 2006-03-29 17:27 | ダイエット

リバウンドのないダイエットに
筋肉量の少ない体は筋肉を維持するためのカロリーを多くは必要としません。運動不足と加齢により年々筋肉はおちてきます、その為太りやすくなるわけですね。
食事制限でダイエットすると徐々に体重は落ちてきます、動物の体はよくできたもので、摂取するエネルギーがどんどん少なくなると、少ない摂取したエネルギーから、より多くのエネルギーを体内に取り込もうとするようです、体が飢饉状態に対応してしまうわけです。
ちょっと気を緩めて多くの食事を摂取すると以前より多くのエネルギーを取り込んでしまい、属にいうリバウンド状態に陥ってしまいます。
基本的なお話ですが知っているのといないのでは大きな違い、ウォーキングで有酸素運動を行い(続けることが必要ですが)筋肉を取り戻し健康な生活をおくりたいものです。
ウォーキングを続けることが大変だと思います、中高年になり普段運動しない人が歩きはじめると体調が良く感じられるようになります、私もそうなのですが暫く歩かない状態が続くとどうも体調が悪くなります、歩くことで体調が良くなると自然と歩くことが億劫でなくなり、続けなくてはという使命感とは違った結果が出てくるのでおもしろいものですね。
f0102245_23304033.gif

[PR]
by 2006plusalpha | 2006-03-28 19:55 | ダイエット

肥満と基礎代謝
基礎代謝量って何?

例えば寝ている時でもエネルギーを消費しています、心臓や肺や脳も働き動いています。筋肉も休みなく収縮弛緩をを繰り返しエネルギーを消費しています。このような代謝は生命維持の基礎となるので基礎代謝と呼びます。1日の消費エネルギーの60~70%が基礎代謝で活動するエネルギーは残りの30~40%程度になります。物を食べて得たエネルギーより消費されるエネルギーが少ないことが積み重なり肥満がおこります。基礎代謝量が多いほうが当然、肥満になりにくくなるわけですね。年齢や性別により基礎代謝量も変化します、また筋肉の多い人はその筋肉を保持するためにもエネルギーを消費するので基礎代謝量が増えています。

ウォーキングで筋肉をつけ基礎代謝量を増やし、歩くことにより活動エネルギーを消費することで肥満の防止、ダイエットが現実のものとなります。

基礎代謝量 厚生省 第六次栄養所要量より

年齢    男      女
6~8   1090kcal  1000kcal
12~14   1480    1340
15~17   1610    1300
18~29   1550    1210
30~49   1500    1170
50~69   1350    1110
70以上   1220    1010 

※17歳をピークに減るばかり・・50歳から大幅にダウン

f0102245_23375134.gif

[PR]
by 2006plusalpha | 2006-03-27 18:01 | ダイエット

血行を促進して下半身デブの解消
●血行を促進して下半身デブの解消

日本人の女性の多くは下半身が上半身より太いことによる悩みが多いようです。トップスは9号なのにボトムズは11号なんてことは良くある話でパッツン、パッツンのスカートやパンツスタイル・・なんとか脱却したいと誰もがダイエットに取り組み、最初に痩せるのは殆どが上半身。魅力のバストの大きさまで損なわれてしまうのが実際のところではないでしょうか。

下半身に脂肪がつきやすい第一の要因は下半身の血行不良によるものが多いとされています、心臓から送られる血液の中の酸素量が少なくなるために脂肪が代謝されにくくなるわけです。

特に歩くことの少ない現代社会ではイスに腰掛けている時間も長く下半身の血行不良が必然的に多くなってしまっています。イスに長時間座っていることが多い場合は定期的に動かしてあげることが良い結果に結びつきます。また長時間おなじ足を組んでイスに腰掛けているのも血行を悪くする原因になりますので組替えて座る心がけをオススメします。

f0102245_15492874.gif
ウォーキングすれば血行も良くなり、筋肉が戻り、余分な摂取カロリーの代謝を増加させてくれます。運ばれる酸素量も増えますので正常な代謝へつなげてくれますので下半身デブの改善に大きな期待が膨らみます。

f0102245_23413691.gif

[PR]
by 2006plusalpha | 2006-03-27 12:53 | ダイエット

水中ウォーキング ダイエット
太った人ほど効果大
初心者でも楽にできるのがプールでのウォーキングです、カテゴリーの歩き方にも掲載しています。何故らくらくダイエットできるのか?それも太った人ほど効果があるのですからやらない手はありませんね。

水に入ると水圧がかかり毛細血管が押されます。それにより血液は大静脈に集まりやすくなり、血液を戻そうとする心臓の働きが助けられ水中での運動が楽に感じられるようです。
ただし普段、血圧の高い人は水に入ると急に血圧が上昇することがありますので注意が必要です、心配な方はお医者さんと相談してからやるようにしてください。


f0102245_185830100.jpg
●太った人ほど水に浮きやすい、太った人ほど水の抵抗が大きい分だけ痩せた人より消費エネルギーが大きい、それも歩く速さを上げるほど痩せた人より消費エネルギーが高くなります。
●体温が奪われると脂肪が燃える
水温30度のプールで5分で体の体表面の温度が4度くらい下がります、熱を奪われた体の中では体温を一定に戻そうとして脂肪が燃やされます。水に入るだけでシェイプアップが始まっているのです。

NHK出版・ためしてガッテン4(参考)
[PR]
by 2006plusalpha | 2006-03-26 18:18 | ダイエット

食べることも捨てられない
「食べることも捨てられない」食べながら懸命に運動しているコマーシャルがありますが、食べることへの執着心はなかなか簡単には捨てられませんね、こんなことはありませんか?。

「さいきん食べないのに太るのよ・・・」
実際は少しは多く食べているかもしれませんが、そうでない場合もあります。まず運動不足、あまり活動していないとカロリー消費が減りますので余ったカロリーが脂肪として貯蔵されていきます。心当たりはあるでしょうか?
次に考えられるのが加齢による基礎代謝量のダウンです、年齢を積み重ねるほど基礎代謝量は下がりますので若い頃と同じ食事を摂取していると太ることになるわけです。
f0102245_19262149.gif

「最近、おなかのまわりに肉がつきはじめているんだけど体重はあまり変わらない」
おなかのまわりには確実に脂肪が蓄えられているのに体重が変わらないのは同じ量の筋肉が落ちていることが考えられます。筋肉が落ちることは基礎代謝量も落ちることにつながります、これは時間の問題で正常な肉体であれば、これから更に脂肪がつき体重は増えることになります。
放っておくとオデブさんになってしまい内臓脂肪などつきはじめると生活習慣病へとつながってしまいます。


運動をしないことや、それにより筋肉がおち基礎代謝量も減る、同じ食事をしていれば自然と太ることになります。
食事制限だけのダイエットは皆さん経験していると思いますが大変なことです、リバウンドもそれなりに大きく苦労が水の泡になってしまいます。今までどうり食べても対応するカロリー消費があればいいわけですね、まずウォーキングなどの有酸素運動に励み(続けることが肝心)落ちてしまった筋肉を取り戻してください、この間は筋肉が増強されるので体重が目に見えておちることはありません。しかし筋肉を取り戻せば基礎代謝が上がるので同じだけ食べても以前より太ることは軽減されることになります。
基礎代謝量が上がりウォーキングすることによりカロリーが消費されるのでダイエット効果が自然にでてくることになります。
短期間ではなかなか効果は出ませんが食事制限をプラスすると更にダイエットが期待できます、ただし栄養を考えて実施することになります。
楽しいウォーキングはダイエット効果があるからという人もいます、いろいろな方法でウォーキングを楽しんでみてください。

12週ウォーキングして5kgのダイエットなんていうのはざらにあるようです、最低10週間は頑張ってみてください。身も心も軽くなるはずです・・・。
[PR]
by 2006plusalpha | 2006-03-26 10:27 | ダイエット

通勤ウォーキング ダイエット
※ウォーキングなんてやってる時間がない人々の取り組み

よくある例が降りる駅をひとつ前にして歩く時間を増やし効果をあげていらっしゃる方が多いようです、これは都心部でのお話、地方では1つ前でおりたら遅刻してしまうくらいの距離を歩かなければなりません、毎日がイベントに参加してるようになってしまいます。地方では交通の便が悪いのでなんでも車にたよりがちです、ちょっとした外出(例えば愛煙家の人はタバコも車で買いにいきます)なんでも車に頼らずチャンスと思ってご自分の足に頼ってみてください。社内での階段ウォーキングなんていうのもありますから歩くことを忘れずにやっていただきたいものです。

そんな時間ないんだよ!という人はそもそもやる気がない人が多いようですね、実際通勤に時間をかけ都内へ行っている方で朝、いままでにない早起きをし毎日ウォーキングをしている人もいます、効果てきめん、気持ちの良い朝のウォーキングがストレスにも良く、帰りに飲んでウサをはらすケースもぐっと減ったようです。


中高年になり1つ前の駅でおりて歩いても効果が出ないという人がいました、この人は晩酌を1日おきにしたら見る見るうちに効果がでてきたようです。ちょっと歩いただけでは効果も持続しませんので頑張ってみてください。
[PR]
by 2006plusalpha | 2006-03-25 11:12 | ダイエット


ウォーキングで楽しくダイエット、ウォーキングの効果や覚えておくとたいへん役に立つ、便利な情報を掲載しています。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31