夏のウォーキング
私もそうですが1週間もサボって歩かないとどーも体調がおかしい、歩かないからかなーと思い再びせっせとウォーキング、するとだいぶ調子が戻る。やっぱり歩かないと駄目なんだ・・・なと思うことがしばしばです。

▼夏のウォーキングは暑さ対策に気をつけたいですね、加齢とともに新陳代謝が悪くなるので汗が出ずらくなります(発汗するまで時間がかかる)。汗をかいて体内の熱を放出するわけですから熱がこもったままになりやすいわけですね。
また汗かいてないから大丈夫!これは夏のウォーキングでは早合点になりますので水分補給をしっかりとる必要があります。
夏の炎天下でのウォーキングは避けたいものです、歩いた場合でも木陰での休みを多くとり水分補給も忘れずに行ってください。

▼紫外線対策
強い紫外線は中高年には大敵です、お肌にも眼にもいいことはありません。
老後の白内障など特に眼の影響がありますのでしっかり対策してみませんか?

受ける紫外線の80%以上は角膜で吸収、角膜を通過した紫外線のほとんどが水晶体で吸収されます。残りの1~2%は、眼の奥の網膜まで到達してしまいます。紫外線による眼病は、「雪目」と呼ばれる角膜炎や失明の第一原因である白内障、翼状片などがあげられます。しっかり帽子をかぶり暑さ対策していても眼の対策は忘れがちです。

そこでオススメなのがウォーキングにもサングラス!
若々しくてかっこいいサングラスでウォーキング時の眼の対策をしてみましょう。



シニアサングラスなんと遠近両用のかっこいいサングラスはウォーキングやドライブに!。
[PR]
by 2006plusalpha | 2006-03-21 11:50 | 中高年のウォーキング
<< 歩幅を広くしてウォーキング 南極大陸・単独歩いて横断 >>


ウォーキングで楽しくダイエット、ウォーキングの効果や覚えておくとたいへん役に立つ、便利な情報を掲載しています。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30