筋肉痛の予防・対処
●歳をとると筋肉痛が時間がたってから出ます
痛いところが炎症をおこしています、たんぱく質の組織が傷ついてしまいます、その傷を治すために血液が運ばれたときに痛みを感じるのが筋肉痛です。
時間がたってから筋肉痛がでる原因は加齢と運動不足が上げられます、血液循環が悪くなると筋肉痛もすぐにはやってこないわけですね、20代の人でも運動不足の人は2日後に痛くなったりします。40代50代でも普段運動している人は翌日痛くなる人もいるようですが2日後、3日後に筋肉痛がでるケースが多いようです。

●筋肉痛の治療
血流が増え痛みがピークになるときくらいから血流が減りはじめます、血流量が増えている間は冷やしてください、ピークを超えて血流量が減る段階では温めてあげるとなおりが早くなるそうです。

●筋肉痛の予防
①ウォーキング前のウォームアップ
ストレッチング運動を行い、軽い負荷から少しづつ強くしてあげてください。
②クールダウン ウォーキング後のストレッチ運動です。
筋肉をもみほぐすことなど効果的です。

f0102245_1950326.jpg
●軽い筋トレ
ウォーキングすることによりある程度の筋肉が戻り、つづけることにより生活習慣病の予防改善やダイエット効果が期待できます。
足には歩く程度の筋肉への負荷しかかかっていませんので若いときのような足にはなっていません、普段ウォーキングをしている人でも30%くらいは筋肉不足といわれています、特に太ももの筋肉は歩くのに重要な筋肉になり老後の寝たきり状態を予防するのに効果的になります。
ウォーキングの時などに軽いスクワットなどで筋肉へ負荷をかけてあげると簡単に筋肉アップできます、いくつになっても筋肉はつけられますのでチャレンジしてみてください。
※ひざや腰・背中に痛みや問題のあるかたは筋トレは避けてください。
[PR]
by 2006plusalpha | 2006-03-29 07:32 | 中高年のウォーキング
<< 中高年のススメ メタボリックシンドローム >>


ウォーキングで楽しくダイエット、ウォーキングの効果や覚えておくとたいへん役に立つ、便利な情報を掲載しています。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30