足蒸れ 臭い対策
●臭いの原因は汗に含まれた細菌
汗ばむ季節に特に気になる足の臭い、原因は細菌が増殖することによる臭いなのです。
フレッシュな汗はにおわない
人間の体温に近い36度で24時間保管した汗は「かなり臭う」と感じる。その犯人は細菌類、汗に含まれた皮膚などを分解しながら爆発的に増殖します、この分解時に強烈な臭いが発生します。

※細菌が増えるのに適した温度は36度前後、80%以上の湿度。
※細菌は清潔にしていても必ず皮膚の上についています。


足の裏に汗をかく一番の原因
普通は顔などにたくさんの汗をかいても足の裏にはそれほどかかないものです、一番足の裏に汗が出るのはストレスが原因しています。

靴の要因
ぴったりした靴だと通気が悪くなるから足が蒸れると考えがちですが、ぶかぶかの靴よりぴったりサイズの合った靴のほうが中の空気が外へ排出されるのでGOODです。防臭防湿の中敷なども同じといえます。

f0102245_15503384.jpg
【対策】
原因が分かれば対策しやすいですね、夏場は特に汗や湿度が上がるので細菌が増殖する原因になります。

①会議などでストレスを感じ足の裏に汗をかいたようでしたら靴下を代えてしまいましょう。
②一日はいた靴は汗と細菌でいっぱいです、一晩くらいでは乾かないので翌日は違う靴を履きましょう。
③乾かしても臭う靴は洗えばいいのですが洗うほどでもない場合は中敷なども含め、消毒用アルコールを含ませた布で細菌を撃退してください。
④足の指の間や爪をよく洗い角質を落としておくことも細菌を増殖させない対策にもなります

[PR]
by 2006plusalpha | 2006-03-27 10:52 | 消費カロリー
<< 生活習慣病はどんなもの 水中ウォーキング ダイエット >>


ウォーキングで楽しくダイエット、ウォーキングの効果や覚えておくとたいへん役に立つ、便利な情報を掲載しています。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30