夏の紫外線
●ウォーキングでお日さまと仲良く付き合いましょう。
紫外線を浴びると活性酸素を起因しいろんな人体への悪影響を及ぼしてしまうことが知られています。
①遺伝子を傷つけ皮膚癌発症の原因になる。
②目にも悪影響(特に老人性白内障の原因に・・)
③免疫機能の低下
④シミを作る原因は紫外線
⑤深いシワを作る犯人も紫外線

●夏は冬に比べ紫外線も数倍に・・
7~8月を中心とした2か月くらいがピーク

【紫外線対策】
①長い間、炎天下にいることは避ける
②ときどき涼しい木陰などで休むこと
③帽子は必須アイテム
④水分補給は欠かさない
⑤肌の露出する部分にはサンスクリーン剤を塗る

※夏場の炎天下でのウォーキングは避けたいものですがイベントなどやむなく歩く場合は紫外線に気をつけ日射病にならない対策を心掛けてください。

■帽子の効果
つばの広いものが効果的です、7cmくらいあると顔にあたる紫外線の60%くらいカットできます、麦わら帽子みたいに周りにグルリとつばがあるものがオススメです。
野球帽などの場合はSPF値の高いサンスクリーン剤を併用すると効果がでます。

■サングラス
目にも悪い紫外線は防御効果のあるレンズを使用したサングラスで対処しましょう。
f0102245_12541893.jpg


■服装
夏は綿がどうしても良いのですが綿は透過率が高いので紫外線をまともに受けてしまいます、反対に吸湿性の悪い夏きらわれるポリエステルは紫外線が透過しにくくなっています。
綿とポリエステルの混紡素材が夏の紫外線対策にはもってこいです、紫外線の80%をカットするというデータもありますので1度お試しください。
[PR]
by 2006plusalpha | 2006-03-24 12:32 | 健康
<< 子供にも多くなりつつある生活習慣病 高齢者用ウォーキングシューズ >>


ウォーキングで楽しくダイエット、ウォーキングの効果や覚えておくとたいへん役に立つ、便利な情報を掲載しています。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31