生活習慣病はどんなもの

※糖尿病や高血圧など

生活習慣病とは食生活や運動・嗜好などの生活習慣がおもな要因となって発病する病気のことで糖尿病・高血圧・高脂血症・動脈硬化・癌なども入ります。
昔は成人病と言われていましたが成人病は2次予防に重点がおかれたのに対し生活習慣病は生活習慣の改善を目指す第一次予防に力点がいかれています。
生活習慣を改善することにより病気の発症や進行が予防できると考え健康的な生活習慣を確立することが大事になります。
第一次予防とは健康的な生活をおくり発病を予防すること、第二次予防とは健康診断などで発見治療するものです。

●悪い生活習慣が原因
食生活・高塩分食 過食・高脂肪食 緑黄色野菜の摂取不足 適度な運動がされていない 過度のストレス 多量飲酒などがあげられます。
●肥満
生活習慣病の要因としてはまず肥満、特に内臓脂肪型肥満は要注意!肝臓でのインスリン抵抗性や耐糖能障害を引き起こし、この一方肝臓での脂肪合成を促進し糖尿病や高血圧、動脈硬化といった病気を招く危険性が高くなります。
基礎代謝量をあげ肥満を解消しましょう、ウォーキングがベストです。


f0102245_856180.gif

※増え続ける糖尿病
30年で約8倍に増加していると言われる糖尿病、予備軍を含めると1300万人を超えるといわれます。40才以上では10人に1人、怖いのは自分が予備軍と知らず何も運動や治療をしていない人が半数ということです。
※合併症が怖い糖尿病
糖尿病とはブドウ糖を燃やすために必要なインスリンが全身で働きにくくなったりして血液中に含まれるブドウ糖の量が以上に高くなる病気です。
インスリン注射で死亡するケースはなくなりましたが怖いのは合併症で腎臓・目・動脈硬化・脳卒中・心筋梗塞などさまざまな重大な病気への要因となります。


※糖尿病発症
1)生活習慣の乱れ

2)内臓脂肪の蓄積

3)インスリン抵抗性

4)糖尿病

正常より少し血糖値が高い人は食事療法と運動療法(ウォーキングなどの有酸素運動)で薬物療法をしなくても改善されます。
既にインスリン注射などで治療されている場合はウォーキングが良くない場合もありますので医師によく相談、メディカルチェック後取り組まれるようにしてください

[PR]
by 2006plusalpha | 2006-03-27 12:18 | 健康
<< 血行を促進して下半身デブの解消 足蒸れ 臭い対策 >>


ウォーキングで楽しくダイエット、ウォーキングの効果や覚えておくとたいへん役に立つ、便利な情報を掲載しています。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31