ストレッチが長続きするコツ
疲れをとり安全なウォーキングを・・

ウォーキングを長続きさせるには痛みを出さない、疲れを残さないことが大切です。ストレッチはあまり形にこだわらず自分の体に気持ちいいつもりで行いましょう。ストレッチは筋肉や腱を伸ばして柔軟性を高め怪我や体の故障を防ぐことを目的にしています。まじめにやれば、それなりのカロリー消費もしてくれますので頑張りましょう。

●ウォームアップストレッチング
歩く前に柔軟性を高め体の可動範囲を広げるものです。
●シグナルストレッチング
信号待ちなどのほんの短い時間を使ってリフレッシュ。
●5分間ストレッチング
休憩やトイレ時間などの時に・・腰をおろすと疲れが足に残ってしまいます、立ったままでおしゃべりでもしながら行います。
●クーリングダウン
歩き終わったら、すぐ行うストレッチングです。足の裏からカカト、ふくらはぎ、膝、太ももを両手でもみほぐしてください。疲れを残さないよう頑張りましょう。

f0102245_11202113.gif

[PR]
by 2006plusalpha | 2006-04-02 15:59 | 歩き方
<< 水分補給 豆知識 生活習慣病の方のウォーキング >>


ウォーキングで楽しくダイエット、ウォーキングの効果や覚えておくとたいへん役に立つ、便利な情報を掲載しています。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31