水分補給
●なぜ水分補給が必要なのか?
運動すると体温が上昇します、その体温を平常に保つために汗を出して調節するわけです、特に夏場での暑い中でのウォーキングには注意が必要です(熱中症など)、日中は避け、朝の時間帯へ変えることがオススメです。

1)体内の酸素や栄養分の運搬として 
2)代謝を助ける 
3)老廃物の排泄 
4)体温調整 
5)体液の酸性度の調節

体内の水分が不足すると体温調節ができなくなり体温があがり時には熱中症を起こす危険があります。排出量が2%を超えるとカリウムやナトリウムなどの電解質が汗と一緒に排泄され体液のバランスが崩れてしまいます。夏の暑い日には熱中症が起こりやすいので注意することが必要です、真夏の炎天下でのウォーキングはできるだけやめましょう。早朝や日が沈んだあとに歩くことをオススメします。


いつどのくらい飲めばいいの?
ウォーキングの大会などの前日は深酒をしたりせず水分は補給しておくといいです、朝食の味噌汁はオススメします。歩く前(30分くらい)にコップ1杯分(250~300ml)くらい飲んでおくといいでしょう。歩いている途中では乾きを感じる前(30分~60分間隔)に歩行中でも飲めるよう携帯しておくことになります。ザックの中に入れてしまうと飲みづらいのでボトルをウェストベルトなどに装着すると便利です。一度に沢山摂取しても尿で排出され胃への負担もあるので適量にしてください。

どんな飲み物がいいの?
一時間程度のウォーキングであれば水やお茶で十分です、夏場や歩行時間の多い時は疲労回復を助ける塩分、ミネラル、糖分などが補充できるイオン系の飲料が効果的になります。ただし塩分や糖分を含んでいますので取りすぎには注意してください、特に心臓病や脳血管障害、糖尿病などの原因につながります。イオン飲料は大量に汗をかいて急速な水分補給に適しています。缶コーヒーやジュース類は糖分が多いので水分補給には向きません、砂糖の分解にビタミンB1を使うのでビタミンが不足して夏バテの原因につながります、牛乳も消化吸収に時間がかかるので不向きとなります。

f0102245_19225654.gif

[PR]
by 2006plusalpha | 2006-10-12 14:58 | 歩き方
<< 歩く前に心がけること 歩く時間の目安 >>


ウォーキングで楽しくダイエット、ウォーキングの効果や覚えておくとたいへん役に立つ、便利な情報を掲載しています。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31