ストレスを歩いて解消
ウォーキングでストレスホルモンを撃退

ストレスの溜まるのが現代社会と言われていますが原因は脳内で分泌されるストレスホルモンにあるようです。ウォーキングを始めて20分も経過すると脳内にベータエンドルフィンやドーパミンという神経伝達物質が分泌されます。これらは別名「快楽ホルモン」「脳内麻薬」とも呼ばれています。このホルモンがノルアドレナリンに代表されるストレスホルモンから脳を守りストレスのない生活を守ることになります。

あまり聞きなれない言葉なのでわかりずらいと思いますが要は科学的にもウォーキングはストレスにも効果があるわけですね。


●ウォーキングをする

●ベータドルフィンの分泌 歩きはじめ20分くらいから分泌されると言われます。
快楽ホルモンが分泌されます、これは幸福感や快感などに深く関わるものです。

●ドーパミンの分泌
やる気や興奮、快感に関わるホルモン その分子構造は覚醒剤とほぼ同じで「脳内麻薬」とも言われるものが分泌されます。

●セロトニンの分泌 歩きはじめ40分くらい
興奮しすぎた脳を鎮めてくれる抑制剤の働きをする神経伝達物質、ドーパミンやアドレナリンを押さえる効果がある 意識をリラックスさせ幸福感をもたらす

ストレス解消 ウォーキング効果
[PR]
by 2006plusalpha | 2006-10-27 12:10 | 効果
<< ウォーキングの歩き方 歩く前に心がけること >>


ウォーキングで楽しくダイエット、ウォーキングの効果や覚えておくとたいへん役に立つ、便利な情報を掲載しています。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31