ウォーキングの歩き方
f0102245_16144756.gif


正しく、楽しい、健康ウォークのために!

●歩き始めは無理をせず徐々に体を慣らして下さい。1日20分以上を目安に続けることが大切です。
歩行は30分以上歩くことにより発生した乳酸が代謝されはじめます、とは言え初めから長距離を歩くことは決してオススメできません、体全体を使って楽しいウォーキングに心がけてください。

私の場合、散歩から始めました。これからの季節は木々の新緑や道に咲く雑草の花や、大事に育てられた庭の花々(ちょっと覗いて楽しませていただきます)そんな楽しみを持ちながら歩くことが私にとっての楽しいウォーキングです。

●ウォーキングは無理をせず、楽しみながら歩き続けることが大切です。

■歩く姿勢
間違った姿勢で歩くと骨や筋肉に負担をかけるので疲れやすく歩くのも嫌になってしまいます。
背筋をピンと伸ばし上体はまっすぐ、腹部を引き締めて顎をひきます。
腰の位置はできるだけ高くして地面を押す際には膝や、足首を十分に伸ばすように心がけましょう。

■足のはこび
足を着地させる時は踵から柔らかく入り、足の裏全体に体重をのせて、つま先をけり出すように地面から離します。足を離すには足の指で地面をつかむような感じを意識してください。

■腕のふりかた
できるだけ荷物は持たず両手をフリーにして腕を振りましょう。
腕を自然に伸ばして前後にテンポよく腕を振ることで歩幅も大きくなり、足の踏み出しのリズムもつかみやすくなります。

■毎日歩くこころがけ
せっかく始めたウォーキングも1週間に1度では「やらないより、まし」というところでしょうか。たまに沢山歩くと足腰への急激な負担になり反対に良くありませんので毎日少しずつでも歩くように心がけましょう。最初は20分歩いただけで疲れてしまっていたのが続けることにより長時間でも楽に歩けるようになります。


[PR]
by 2006plusalpha | 2006-10-28 12:51 | 歩き方
<< 内臓も筋肉も心も元気に ストレスを歩いて解消 >>


ウォーキングで楽しくダイエット、ウォーキングの効果や覚えておくとたいへん役に立つ、便利な情報を掲載しています。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31